ウーマン

ニキビ跡を消す治療で肌スッキリ|デコボコ肌にさよならしよう

ほくろを消す治療

顔を触る女性

電気メスとCO2レーザー

ほくろを形成しているメラニン色素は、真皮層に存在している母斑細胞から生み出されます。したがって、肌表面のメラニン色素のみを除去しても、母斑細胞が残っていれば、ほくろは再発する可能性があります。そのためほくろ除去は、以前はメスで母斑細胞ごと切除するという方法でおこなわれていました。真皮層にまでメスを入れることになるので、切除後には肌にはある程度の傷が残ります。ところが現在のほくろ除去は、電気メスやCO2レーザーで、メラニン色素や母斑細胞を蒸散させるという方法でおこなわれるようになっています。切り取るわけではないので、肌には傷跡は残りません。蒸散により多少凹んだような状態にはなりますが、徐々に盛り上がってくるので、やがては目立たなくなります。このように、より美しく消すことができるようになったので、ほくろ除去の需要は高まっています。

再治療が必要になることも

肌に濃い色をもたらすメラニン色素と異なり、母斑細胞自体は目に見えるものではありません。そのためほくろ除去では、母斑細胞が真皮層にわずかに残ってしまうこともあります。その場合は、そこから多少のメラニン色素が生み出されることで、シミのような薄い色合いのほくろが再発します。また、若い人の場合、全身の細胞に活気がある分、再発のリスクは高めになっています。もちろん美容外科では、母斑細胞を残さないように、電気メスやCO2レーザーでほくろをやや深く削っています。しかしそれでも残り、しかもそれによる目立つほくろが再発した場合には、再治療が必要となります。ただし美容外科の中には、この再治療を無料でおこなっているところもあります。ほくろの大きさや年齢などから、再発のリスクが高いと考えられる場合には、こういった美容外科を選択しておくと安心できます。

Copyright © 2016 ニキビ跡を消す治療で肌スッキリ|デコボコ肌にさよならしよう All Rights Reserved.