婦人

ニキビ跡を消す治療で肌スッキリ|デコボコ肌にさよならしよう

皮膚を綺麗にする治療法

鏡を見る人

皮膚がデコボコになる理由

皮膚がデコボコになる理由のひとつがニキビ跡です。ニキビは毛穴が皮脂などで詰まり、そこに嫌気性細菌であるアクネ菌が繁殖することで炎症を起こすというものです。ニキビそのものは青年期の顔に現れるもので、それ以外の部位に現れるものは、吹き出物と呼ばれていましたが、現在では青年期の顔以外に現れる吹き出物もニキビと呼ばれるようになっています。皮膚の代謝が良い場合や炎症の程度が軽かった場合にはニキビが跡になって残るということはありませんが、重症化したり、皮膚の代謝が追いつかないほど発生した場合にはニキビが跡になって残り、その結果、皮膚がデコボコになることがあります。このためニキビ跡を残さないためにはケアが重要ですが、残ってしまったニキビ跡は治療で消すことが可能です。

治療方法

ニキビ跡消す治療法を受けることができるのは、一般の皮膚科がありますが、もっとも盛んに行っているのが美容整形になります。ニキビ跡消す治療法としてはいくつかあり、一般的なにがレーザーを用いる方法です。またケミカルピーリングで古い角質を取り除く方法やイオン導入など微弱な電気を流すことで皮膚を刺激したい者を活発にする方法などがあります。いずれにしてもニキビ跡消すためには一度、その組織を破壊して皮膚の再生を促すというのが一般的な流れになります。ニキビ跡消すための費用としては美容整形で受けた場合には、健康保険が利用できないためレーザーを利用した場合には1回につき1万円から2万円程度になります。軽度のニキビ跡であれば、数回程度で済みますが、重度の場合には南海も美容整形に通わなければならず、10万円程度は必要とされます。一方で美容整形でもレーザーを用いるのは重度の場合で、軽度の場合にはケミカルピーリングを用いて治療するのが一般的です。

簡単にできる治療

笑顔の女性

Vビームレーザーは、大阪のクリニックで人気のあるにきび治療です。この治療は、皮膚にレーザーを照射して、ニキビの原因となる皮脂の分泌を抑えられます。また、コラーゲンの分泌を促すので、肌にハリを蘇らせることができます。

もっと読む

ほくろを消す治療

顔を触る女性

現在ではほくろ除去には、電気メスやCO2レーザーが使われるようになっています。手術と異なり、傷を残さずにほくろを母斑細胞ごと除去できるため、需要が高まっています。ただし母斑細胞がわずかに残り、ほくろが再発することもあります。その場合は、美容外科によっては無料で再治療をしてもらえます。

もっと読む

シミ治療に最適です

女性医師

年齢を重ねるにつれ目立つようになってくるのが肌のシミです。このシミの除去治療を行っているのが美容皮膚科です。美容皮膚科ではレーザーやフォトフェイシャル治療と同時にハイドロキノンなどの美白クリームも使用して多角的に肌のシミを取り除いています。シミで悩んでいる方は美容皮膚科で治療を受けてみましょう。

もっと読む

Copyright © 2016 ニキビ跡を消す治療で肌スッキリ|デコボコ肌にさよならしよう All Rights Reserved.